広告掲載をやめて、記事閲覧課金制へ

今年の1月から広告を掲載していますが、広告収入がほとんどありません。(^ ^; 1月から現時点までで500円ほどです。しかも、これは6月18日に大きな収入があったためで、1月から6月17日まででは、約230円にしかなっていません。

原因をいろいろ考えたのですが、アクセスが集まらないのが一つと、広告をクリックする人があまりいないのが原因だろうと思います。

1)アクセスが集まらない

アクセスは徐々に増えてはいるのですが、あまりにも増え方が遅いため、十分なアクセスが得られた頃には、完全に干上がっていると思われます。アクセスが集まらない理由ですが、競合サイトが多いので、アクセスが分散しやすいのでしょう。

2)広告をクリックする人が少ない

広告だと思うと、クリックしない人も多いようです。インターネットが普及して、広告とそうでないものの区別がつく人が増えたのが原因だろうと思います。

さすがに半年で200円や500円では、ブログの運営ができないため、何らかの対策が必要だと思ったのですが、その候補として、購読料を頂くという方法に行き着きました。

インターネット上の文書はほとんどが無料で閲覧できるわけなので、そういう物に対して、お金を取られるというのは、抵抗感があるかもしれません。たぶん、このブログを読む人は激減するのではないかと思います。

しかし、1年かかっても、500円や1000円の収入しか得られない広告掲載よりも、読んでくれる人は少なくても、お金を払ってもらえる方がいいかなと思います。

読む側では分からないかもしれませんが、良いブログの記事を書くのは、かなり大変で、お金もかかるし、時間もかかるし、勉強も必要です。いつも無料でブログを読んでいる人にとっては、購読料が必要になるのは、奇異に思えるかもしれません。

しかし、私は、以前、雑誌に記事を書いていたときは、普通に原稿料を頂いていましたから、変な気はしません。それに、お金をもらうとなると、その分、頑張りますしね。無料だとどうしても適当になります。

実は、良い点は、それだけではありません。広告があるとどうしても、自由に文章が書けないのです。それは、GoogleのAdSenseの様な広告配信の契約をしたり、アフィリエイトをやってみるとわかりますが、過激な内容のものを書くと、契約解除になってしまうからです。

それに、アフィリエイトの場合だと、どうしても売ろう、売ろうとするので、利益最優先になります。実際、そう言うサイトやブログが、インターネットにあふれています。

そういうサイトでは、売るために、嘘を書きますし、利益の出ない商品は全く扱いません。だから、ランキングなんて書いてあっても、そのブログやサイトの著者に収入をもたらす商品のランキングに過ぎません。

そもそも、ランキングサイトは全部アフィリエイトサイトだということをご存じでしょうか?(笑)

そう言うことを考えると、選択肢は二つしかありません。

1)完全に非営利とする。

2)課金させていただく。

まともなサイトを運営するとなると、この二つだけですね。当然、1よりも2の方がよほど良いサイトになると思います。

後は、私の書く文章にお金を払う価値があるかどうかですね。いったいどうなのでしょう?

こればかりは、やってみないとわかりません。だから、やってみることにしたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク