レビュー記事の方針

スポンサーリンク

ネタバレについて

当サイトの映画やアニメなどのレビュー記事は、視聴前用の判断材料として書いていますので、ネタバレはありません。もし、少しでもネタバレになりそうな情報を入れる場合は、あらかじめ、ネタバレがある旨、記事内に書いておりますので、ネタバレが困る場合は、そこから先に進まないでください。

しかし、当サイトのレビュー記事のネタバレの程度は大したことはありませんので、あまり気になるようでしたら、ネタバレの部分も読んでもらっていいと思います。

この様にネタバレがないように厳格に自己規制をして書いていますので、よく見かけるレビューサイトを参考にして視聴したため、作品が楽しめず、がっかりしてしまうという経験をお持ちの方には最適なサイトだと自負しております。

記事の執筆方針

作品を視聴する前に、視聴すべきかどうかの判断材料として読んでもらうことを前提に書いていますので・・・

1)ストーリーにふれる場合は、冒頭の部分ぐらいに留める。つまり、せいぜい見始めたばかりぐらいのところの話までしか書かないと言うことです。

2)どういう展開になっていくのかは一切書かない。

3)どれぐらい面白いかをストーリーにふれずに書く。場合によっては、比喩的な表現を使うこともあります。

・・・と言う方針の下に、

一、なるべく作品のレベルや良し悪しがわかり、

二、なるべく作品のイメージが伝わり、

三、なるべく楽しく読める

・・・ように工夫して書いています。

結構、難しいんですよ(笑)。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加