『植物図鑑』の評価と感想

実写映画『植物図鑑』(2016年6月4日公開)

評価: ★★★★☆

この映画は知人に勧められて見に行きました。「泣ける度No.1。甘く切なく、最高にキュンとなる純愛映画」と言う宣伝でしたが、私は泣けなかったし、甘く切ないとも思わなかったし、胸がキュンとなることもありませんでした。

それでも、ここからどうなるのだろうかと思いながら、最後まで飽きずに見ることができました。前日に見た『高台家の人々』よりもよほどましでしたね。

歴史には残らない映画だと思いますが、見る価値は十分あります。見終わった時の気分はとてもいいです。今日これからまた見に行きます。

(2016年6月6日映画館TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞)

関連ページ:
『植物図鑑』2回目鑑賞

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク