『テラフォーマーズ』2回目鑑賞

実写映画『テラフォーマーズ』(2016年4月29日公開)

評価: ★★★★☆

前回、実は冒頭部分を見逃してしまったので、もう一度見るかどうか迷っていたのですが、思い切ってもう一度見てみました。ストーリーはわかっているのですが、2回見ても、やはりおもしろいです。

この映画の欠点は、登場人物が多すぎて、混乱しやすいことと、登場人物ごとの描写が少ないので、登場人物についてあまり深く理解できないことです。おかげでどうしても内容が浅い様な感じがしてしまいます。

また登場する科学者の言動があまりにも不自然で、科学者っぽくなく、漫画みたいで変です。せっかく実写化したので、もっと現実に存在するような感じの人物にしてほしかったです。

この映画は、ネット上で酷評されているのですが、実際にはよくできた映画だと思います。本当につまらない映画であるのなら、2回目の視聴時には、すっかり退屈になっています。ストーリーを完全に把握していて、このおもしろさなら、本物だと思います。

本当に、映画は二度見るまでわかりません。もしある映画が本当に価値のある映画かどうかを知りたければ、最低でも二回は見るべきですね。二回見ても、三回見てもおもしろい映画は本当によくできた映画です。二回目で飽きるような映画はだめな映画です。

ところで、この映画の日本語の題名に併記されている英語は「TERRAFORMARS」で、英語の題名は”TERRA FORMARS”なのですが、これは「terror for Mars」から作ったしゃれだろうと思います。こういうのは、英語では”pun”といいます。結構しゃれています。

(2016年5月26日映画館109シネマズ名古屋にて鑑賞)

関連ページ:
『テラフォーマーズ』の評価と感想

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク