『64-ロクヨン-前編』の評価と感想

実写映画『64-ロクヨン-前編』 (2016年5月7日公開)

評価: ★★★☆☆

刑事物です。力強い描写がされていますが、話の内容自体は、警察の内部事情を知らない一般人には、わかりにくい上に、退屈です。頑張って最後まで見ることはできましたが、いつまでこんな話を続けるのだろうかと思いました。

後編では何やら新たな展開がある様なので、期待したいと思います。そうなると、きっと前編は伏線として機能するのでしょうね。

この作品は小説からドラマ化されて、さらに今回、映画化された様です。ドラマの方は文化庁芸術祭賞大賞を受賞しており、出来がよい様ですが、映画はどうなるのでしょうか。後編まで見ないと何とも言えません。

(2016年5月12日映画館109シネマズ名古屋にて鑑賞)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする