劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の評価と感想

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』(監督:牛嶋新一郎/脚本:牛嶋新一郎/原作:住野よる/日本2018年9月1日公開)
評価: ★★★★★

これは昨年実写版の映画が上映された『君の膵臓をたべたい』のアニメ映画版です。実写版の方はすでにあまり詳細には覚えていませんが、だいたい同じ内容だと思います。あえて大きな違いを言うと、実写版では大昔を回想する様な形で話が始まるのに対して、アニメ版では少し前を回想する形で始まることぐらいです。

展開は、ほとんど同じで、実写版を見た人にとっては、予想通りに話が展開します。それでも感動するかどうかが、個人的には今回問題でしたが、ちゃんと感動したので、ずいぶん出来が良かったと言えると思います。

関連ページ:
劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』2回目鑑賞

実写版の評価と感想
『君の膵臓をたべたい』の評価と感想

(2018年9月2日109シネマズ名古屋5番シアターにて鑑賞)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする