『ANNA/アナ』の評価と感想

『ANNA/アナ』(原題:ANИA)(監督:リュック・ベッソン/脚本:リュック・ベッソン/米国2019年6月21日公開、フランス2019年7月10日公開 日本2020年6月5日公開)
評価: ★★★★☆

リュック・ベッソン(Luc Besson)の映画だというので、映画館に見に行きました。

前評判は悪かったのですが、それほど悪い作品ではありません。アクションもよくできていましたし、ストーリーも凝っていました。ただ、心情的な面で深みがなかったので、アクションもストーリーも空振りの様な感は否めません。難しいことを考えずに、アクションとストーリーを楽しみたいのなら、お勧めです。

なかなか感心する様なカットも入っていました。やはりこの監督は凡人ではありませんね。

しかし、さすがに映画館で2回は見ないような気がします。たぶん、DVDやブルーレイが出たら、借りてきて見るかもしれません。

(2020年6月14日日曜日、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ5番スクリーンにて鑑賞)

関連ページ:
『ANNA/アナ』公式サイト(日本語版)
『ANNA/アナ』公式サイト(英語版)
『ANNA/アナ』を映画館で見ました(ほしのひかり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする