『アントマン』の評価と感想

評価: ★★★★☆

昨夜、夜の上映で見てきましたが、宣伝から受ける印象と実際の中身がかなり違っていました。宣伝を見たときは、小さくなった人間が笑える苦難に遭遇する話かと思っていましたが、笑えるという部分は正解だったものの、苦難ではなく、バトル・アクションでした。しかも、意外に面白かったです。


ここから少しネタバレになります。

気に入らないのは、ヒーローとなる人物が前科者で、どう考えても正義の味方という感じが出ないことです。そのスーパーヒーローを支える人たちも、犯罪者たちなので、余計にだめです。

つまり、元犯罪者と現役犯罪者が悪党と戦うという構図になってしまっています。これではマフィアの抗争とあまり変わりません。

そもそも、犯罪者に善人なんていませんので、その点で非現実的です。ヒーローとなる人物にもう少し別の種類の人間を選んでいたら、もっと楽しめる映画になっていたような気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする