『クリード チャンプを継ぐ男』の評価と感想

評価: ★★☆☆☆

大昔の映画『ロッキー』の続編になる映画です。平たく言えば、『ロッキー』の再発映画です。『ドラゴンボール』で言うと、『ドラゴンボールGT』みたいな感じです。かつてのヒーローは脇役で、新しいヒーローの誕生という話です。

しかし、脇役の方が目立ちますね(笑)。

そう言えば、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』もそんな感じですね。

面白いかと言うと、かなり微妙なところです。『ロッキー』の続編と謳っていなければ、誰も見ないかもしれません。

あと、かなり安上がりに作られた映画です。若い俳優が二人か三人ぐらいと、老人が数名出ています。一人はシルベスター・スタローンですが、すでに老人で、おなかも出ています。ぼろいボクシングジムを一つか二つ借りて、後はぼろいアパート二つぐらい借りたという感じですね。

試合のシーンはよくできていて、楽しめるのが唯一の救いです。しかし、感動するかどうかと言うと、ちょっとどうでしょうか?

(2015年12月28日映画館にて鑑賞)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする