『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』の評価と感想

アニメ映画『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年3月5日公開)

評価: ★★★★☆

信じられないかもしれませんが、『ドラえもん』を見たのは初めてです(笑)。

面白かったですよ。もちろん、子ども向けの映画なので、大人が見ても、暇つぶしにしかなりませんが、子どもは大喜びで見るでしょう。

この映画の登場人物を見ていると、まるで、どこかの塾の生徒を見ているようでした(笑)。この映画が「教育によい」という意見もありますが、それはちょっと行きすぎた意見だと思います。子どもにこんな性格になるように教育したら、先が思いやられます。

しかし、子どもというのは、こんな感じなので、それをどうやってまともな大人にしていくかが、教育者の課題なんですけどね。難しいです。

この映画は、1989年3月11日公開の『ドラえもん のび太の日本誕生』のリメイクだそうですが、あいにく前作を見ていないので、よくなったのかどうかは不明です。しかし、今回の作品は十分に面白いので、お勧めです。

この映画を見て泣いたという大人がいる様ですが、全く謎です。どこをどうやったら泣けるのでしょうか?この映画で泣ける大人というのは、相当に単純・・・いや素朴な方なのでしょう、きっと(笑)。

(2016年3月20日映画館にて鑑賞)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする