アニメ映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の評価と感想/2回目鑑賞

アニメ映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』(監督:静野孔文、瀬下寛之/原案:虚淵玄/脚本:虚淵玄、村井さだゆき、山田哲弥/日本2018年5月18日公開)
評価: ★★★★★

これは、『GODZILLA 怪獣惑星』の続編です。先に『GODZILLA 怪獣惑星』を見ないとだめです。そうしないと、話がわかりません。

前から気になっていたのですが、こんな作品に巨乳の女が出てきます。虚淵玄の考えたストーリーだし、もしかしたらと思ったのですが、やはり重要な要素でした。いっそのこと、題名を・・・

『GODZILLA 決戦巨乳女』

・・・にした方がよかったかもしれません。

冗談です。

それにしても、それまでそれほど目立ってはいなかったのですが、この第二作では、バストのサイズがやたら目立っていました。もちろん、わざとですね。

虚淵玄だし、これは・・・。

絶対に見た方がいいです。私は今回2回目です。

(2018年6月26日109シネマズ名古屋第3シアターにて鑑賞)

関連ページ:
アニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』の評価と感想
『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の評価と感想(1回目鑑賞)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする