アニメ『銃夢』(ガンム)の評価と感想


北米版Battle AngelのDVDのジャケット

アニメ『銃夢』(監督:福富博(ふくとみ ひろし)(現、福冨博)/脚本:遠藤明範(えんどう あきのり)/Vol. 1 日本1993年6月21日公開、Vol. 2 日本1993年8月21日)
評価: ★★★★★

大昔に北米版のDVDを買ってあったので、ちょっと久しぶりに日本語で見ました。どこかで聞いたことのある声だと思ったら、小山茉美(こやま まみ)さんが出演していました。ヒロインは、伊藤美紀(いとう みき)さんが演じていました。みなさん、今ではベテラン中のベテランですね。この作品当時は若かったので、声が若々しいです。

昨年、ハリウッドで実写映画化されましたが、あちらは薄っぺらなアクション映画でした。こちらは、とても内容が深いです。日本では、未だにDVD化されていなくて、1993年にVHSとレーザーディスクで発売されたきりです。なぜこれほどの名作がDVD化されないのか不思議です。

内容は、SFのOAV作品で、サイボーグが実用化された未来社会を描いています。作品中数秒間ほど、ハリウッド映画の『ブレードランナー』で使われたBGMによく似た感じのものが使われているためか、『ブレードランナー』の影響で作られた作品だと言う人もいますが、定かではありません。ただ、内容はまるで違います。

DVDで見たい人は、北米版で見るしかありませんが、すでに入手困難です。少なくとも日本では動画配信もされていないようです。もしかしたら、VHSビデオのレンタルをしているお店があったら、見られるかもしれませんが、もはやそんなお店もないし・・・。

困ったので、YouTubeを探してみたら、いろいろありました。まずは日本版です。画質がとてもいいので、オリジナルはレーザーディスクか、北米版DVDだと思います。

銃夢 Vol. 1

銃夢 Vol. 2

英語版も見たい人はこちらです。ただ、この英語版は、吹き替え直してあるのか、私が持っている英語版とはせりふも声優さんも違います。

Battle Angel(銃夢)Vols. 1&2

すばらしい作品です。ぜひ一度この作品を見てほしいと思います。

(2020年5月10日 北米版DVD Battle Angelで実家の32インチ液晶テレビにて鑑賞)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする