映画『糸』の評価と感想

『糸』(監督:瀬々敬久/脚本:林民夫/原案:中島みゆき作詞・作曲『糸』、平野隆/日本2020年8月21日公開)
評価: ★★★☆☆

この映画にちりばめられた昭和の風物詩、じゃなかった、平成の風物詩は、時代の流れを感じさせますね。たまに中島みゆきの『糸』と言う曲が流れますが、どういう関係があるのか謎です。『糸』はいらないような気がします。

かなりリアルな面もある一方、ちょっと内容が浅いので、これを見て人生を考える・・・というのはちょっと難しいかもしれません。中学生になら通用しますが・・・。

短い時間に、あまりにもごたごた入れすぎたのかもしれません。ただ、役者さんの顔を拝みに行くにはちょうどいいかもしれません。

『糸』で高橋漣を演じる菅田将暉
『糸』で高橋漣(たかはし れん)を演じる菅田将暉

『糸』で園田葵を演じる小松菜奈
『糸』で園田葵(そのだ あおい)を演じる小松菜奈

『糸』で桐野香を演じる榮倉奈々
『糸』で桐野香(きりの かおり)を演じる榮倉奈々

上記3名以外は、脇役です。

109シネマズ名古屋でも見ることができましたが、TOHOシネマズ名古屋ベイシティの5番スクリーンはスクリーンが大きくてよかったです。この映画では、音楽が主要なコンポーネントになるので、音響設備のよいTOHOシネマズ名古屋ベイシティにしたのですが、スクリーンも大きくて正解でした。

(2020年8月30日TOHOシネマズ名古屋ベイシティ5番スクリーンにて鑑賞)

関連ページ:
映画『糸』公式サイト
映画『糸』を映画館で見ました(ほしのひかり)※こちらは少しネタバレが含まれているので、鑑賞後に見に行って下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする