『終末のイゼッタ』の評価と感想

テレビ深夜アニメ『終末のイゼッタ』(監督:藤森雅也/脚本:吉野弘幸/全12話)
評価: ★★★☆☆

この作品を見るのは、実は2回目になります。最初はいい作りのアニメだと思っていましたが、次第にストーリーに浅さが目立って、単なる百合(ゆり)アニメの色彩が濃くなってしまい、とても残念でした。2回目でも同じような感想ですが、前よりも基本的な作りの良さに気がつきました。

悪いのは脚本と言うことで、すべて吉野弘幸氏の責任です。

(2017年10月21日~2017年10月27日dアニメにより実家の32インチ液晶テレビで鑑賞)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク