『君の膵臓をたべたい』とはどんな映画なのか

公式サイトの写真を解説しながら、ネタバレにならない様に、『君の膵臓をたべたい』について、それがどんな映画なのか語ってみようかと思います。

The story begins. ここから物語は始まります。偶然、主人公の高校生の男の子は病院で日記を拾って、中を読んでしまいます。この事件をいったいどう捉えるべきなのか。偶然なのか、運命なのか、それとも・・・。

もしそうでなければ、こんな風にすれ違っていたでしょう。人生というのは、そういうものです。


スイーツを食べているの図。もてない根暗君がクラスで一番の美人とこんなところでデートするから、後で・・・。

主人公の男の子は図書委員でした。ヒロインも図書委員になり、一緒に図書委員の仕事をするようになります。と言うか、つきまといます。


人はみんないつかは死んでしまう。


どこかに行きたい。


で、どこかに行ってしまうの図。男のがあっちを向いて、女の子がにこにこして、あっちを向いているの図。で、どこに行くのでしょうか?


ホテルへ。いつもこの赤いリュックを背負っているんだ。


神社で願をかけるの図。


私の親友と仲良くしてほしい。


やった。退院!

かくして、退院するのでした。

THE END

関連ページ:
『君の膵臓をたべたい』の評価と感想
『君の膵臓をたべたい』2回目鑑賞
『君の膵臓をたべたい』3回目鑑賞

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする