ブログに広告を掲載するようになって変わったこと

このブログに広告を掲載して、一週間少々経過しました。広告を掲載して変な内容になるかどうか心配された方もいたかもしれません。もしかしたら、通りすがりの方ばかりで、誰も気にしていないかもしれません。それはそれで悲しい話ですが・・・。

広告を掲載し始めて、ちょっと見ただけではっきり変わった部分は、ブログのデザインが変わったことでしょう。これは広告掲載上、最適なデザインにしたためです。前のデザインも広告の掲載に適していますが、もっとよいデザインに変えてみました。1年分の進歩という風に考えてもらってもよろしいかと思います。

他に変わったところは、前よりも更新に熱心になった点です。収入が入る様に頑張るわけなので、熱心に更新しないわけにはいきません。この辺は、定期的に見に来てくださる方にとっては、朗報かもしれません。

もし収入が十分はいるようになれば、もっとブログの記事の作成に時間を割けるようになります。早くそうなればいいのにと思うのですが、なかなか難しいでしょう。

実際、この一週間で得られた収入は、わずか9円です(笑)。GoogleのAdSense広告が1回クリックされた結果です。他にはAmazonへのリンクが貼ってあるのですが、数回程度のクリックだけで、購入する方が一人もいらっしゃらなかったので、Amazonの方の収入は0円です。このまま行くと、サーバー料金もかせげません。(^ ^;

知り合いがブログのアフィリエイト広告を貼っていて、1年半ほど頑張っていますが、成果はゼロ円だという話は以前書きましたが、人のことを笑ってはいられません。これからは自分のことを笑っていかないとだめな様です(笑)。

いずれにせよ、更新に熱心になったことだけは、このブログを訪れる方にとって、朗報なのではないかと思います。あくまでも、ただの通りすがりの方以外に、このブログを訪れる方がいればの話ですが・・・。

それにしても、原稿料をもらっているわけでもなく、有料記事を書いているわけでもなく、単に広告を掲載したと言うだけで、ブログ更新の意欲がここまでわくとは、自分でも意外です。

広告掲載は、収入にならなくても、それなりのメリットがあると言うことなります。あくまでも、自分の場合の話なので、これが全員に当てはまるというわけではありません。その点はご注意いただく必要があります。

実際、物を売るため、あるいは、アクセスを稼ぐために、でたらめなことを書いたりする人はたくさんいます。それはインターネットで活動するブロガーやホームページの管理人に限った話ではなく、本を書く人にもそう言う人が少なくありません。大体、評論家のほとんどはそう言う人なのではないかと疑ってしまうことが少なくないのが現実です。そういう点でどういう道を選ぶかは、最終的には、ご本人の考え方の問題になるでしょう。

私の場合、ブログはここだけではなく、ブログ以外に通常のウェブサイトもたくさん運営しています。実際、今、某ブログサービスからブログの移転作業を順次行っているところですが、民族大移動の様相を呈しています。ブログだけでもかなりの数になるということです。

しかし、今のところ、広告を貼っているのは、実験用のものを除くと、ここだけです。今後、広告を貼るブログやウェブサイトは、さらに増えるとは思いますが、すべてのブログやウェブサイトに広告を貼るという考えはありませんので、これからも正気を保って、ブログやサイトの運営が続けられるのではないかと個人的には考えています。

いつまでも、お金に縛られず、自由に生きて行きたいと言うのが私の願いだからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする