『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2回目鑑賞)の評価と感想

映画

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(監督:クリストファー・マッカリー/脚本:クリストファー・マッカリー/原作:ブルース・ゲラー製作ドラマ『スパイ大作戦』/米国2018年7月27日公開、日本2018年8月3日公開)
評価: ★★★☆☆

昨日、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』を再度見てきました。1回目は、戸田奈津子氏の字幕がひどく、訳がわからなくなったためです。今回は、字幕を完全に無視し、英語の音声に集中しました。

おかげで、今回は、ストーリーがよくわかりましたが、やはり、ドラマとしてはつまらないです。結局、アクションだけの映画ですね。

『ミッション:インポッシブル』に限りませんが、いつもこんな映画を見せられて、いい加減に飽きてきました。みなさんは、どうですか?

(2018年8月7日109シネマズ名古屋10番シアターにて鑑賞)

関連ページ:
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の評価と感想