『風の谷のナウシカ』の12回目の鑑賞とTOHOシネマズの画質

『風の谷のナウシカ』(監督:宮崎駿/脚本:宮崎駿/原作:宮崎駿/製作:高畑勲/音楽:久石譲/制作会社:トップクラフト/日本1984年3月11日公開)
評価: ★★★★★

前日の7月30日にイオンシネマ大高で『風の谷のナウシカ』を鑑賞したところ、死ぬほどひどい画質ではなかったため、TOHOシネマズ名古屋ベイシティと比べてどうだろうかと思いました。これはどうしてももう一度TOHOシネマズ名古屋ベイシティの画質をチェックしないと、厳密なことは言えないと思い、再度、TOHOシネマズ名古屋ベイシティに行ってみました。

その結果、明らかにTOHOシネマズ名古屋ベイシティの方が画質が上であることがわかりました。TOHOシネマズ名古屋ベイシティの方がイオンシネマ大高よりも色が澄んでいて、青空がきれいです。また全般にTOHOシネマズ名古屋ベイシティの方が格段にリアルです。たとえば、王蟲(オーム)の外殻とか、目とかがリアルできれいです。

TOHOシネマズ名古屋ベイシティの画質は、文句のつけようがありません。これは満足すべき画質だと言えると思います。イオンシネマ大高の画質は、「あまり画質にこだわりがなければ、これぐらいで満足してもいいのではないか」という程度の良さです。

明らかにTOHOシネマズ名古屋ベイシティの画質の方が、イオンシネマ大高の画質よりも1ランク上です。

あと、PREMIER1番は画面が小さいと思っていたのですが、部屋の奥行きがあまりないので、比較的スクリーンの近くに座ることになります。その結果、画面がずいぶん大きく感じられます。そして、いすの座り心地が抜群です。何しろ、全席特別席仕様なので・・・。

TOHOシネマズ名古屋ベイシティに比較的近いところにお住まいの方は、この映画館をご利用になることをおすすめします。

今日見た中で、私の心に残ったのは、このシーンです。

映画『風の谷のナウシカ』でナウシカがマスクを取ったシーン
ナウシカがマスクを外しているシーンですが、心に残ります。

この映画では、ナウシカの目が非常に精密に描かれています。これはナウシカの心の中を表現するためです。こんなところも、よくご覧になることをお勧めします。

(2020年7月31日TOHOシネマズ名古屋ベイシティPREMIER1番スクリーンにて鑑賞)

関連ページ:
『風の谷のナウシカ』の評価と感想
『風の谷のナウシカ』の2回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の3回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の4回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の5回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の6回目の鑑賞と画質チェック
『風の谷のナウシカ』の7回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の8回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の9回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の10回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の11回目の鑑賞とイオンシネマの画質
『風の谷のナウシカ』を映画館で見ました(ほしのひかり)※視聴後はこちらの記事をご覧下さい。
109シネマズ名古屋の画質がすごい(ほしのひかり)※109シネマズ名古屋の画質についてはこちらもご覧下さい。
109シネマズ名古屋の画質(ほしのひかり)※109シネマズ名古屋の画質についての考察です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする