『風の谷のナウシカ』の6回目の鑑賞と画質チェック

『風の谷のナウシカ』(監督:宮崎駿/脚本:宮崎駿/原作:宮崎駿/製作:高畑勲/音楽:久石譲/制作会社:トップクラフト/日本1984年3月11日公開)
評価: ★★★★★

映画館に『風の谷のナウシカ』を見に行くのもついに6回目となりました。今回は109シネマズ名古屋の6番シアターに戻りました。二日前に4番シアターで画質をチェックしたばかりなので、再度6番シアターの画質の確認もできました。やはり6番シアターの画質は格別です。

109シネマズ名古屋にはもう何年も行っています。にもかかわらず、これまで画質の差があまり気がつかなかったのが不思議ですが、恐らく、今回上映に使ったフィルム(と言っても、デジタルデータですが・・・)の質がすごくよいのでしょう。

昨年、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』を同じシアターで見たのですが、あの時は画質がひどかったです。どう考えても、自宅でDVDを見ていた方がよほどましでした。単に画面が大きいというメリットしかありませんでした。

映画館のシステムがいくら優秀でも元のフィルムの質が悪ければ、意味がないということになりますね。ジブリは今回の『風の谷のナウシカ』の上映にかなり力を入れたのでしょう。

6番シアターで上映されるのは、今週の木曜日までの様なので、まだ見ていない人は、急いだ方がいいです。

今回は、画質がよいというだけで、感動ものでした。

(2020年7月12日日曜日109シネマズ名古屋6番シアターにて鑑賞)

関連ページ:
『風の谷のナウシカ』の評価と感想
『風の谷のナウシカ』の2回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の3回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の4回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』を映画館で見ました(ほしのひかり)※視聴後はこちらの記事をご覧下さい。
109シネマズ名古屋の画質がすごい(ほしのひかり)※109シネマズ名古屋の画質についてはこちらもご覧下さい。
109シネマズ名古屋の画質(ほしのひかり)※109シネマズ名古屋の画質についての考察です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする