『風の谷のナウシカ』の8回目の鑑賞

『風の谷のナウシカ』(監督:宮崎駿/脚本:宮崎駿/原作:宮崎駿/製作:高畑勲/音楽:久石譲/制作会社:トップクラフト/日本1984年3月11日公開)
評価: ★★★★★

「もう7回も見たので、いいかな」と思いましたが、TOHOシネマズ名古屋ベイシティが11月末で閉館になるし、名古屋近辺では、『風の谷のナウシカ』を上映している映画館の中では、ここのスクリーンが最大のサイズ(13メートル×5.4メートル)になるため、超巨大スクリーンでもう一度見ておくことにしました。

大きいことはいいことです。これで画質が109シネマズ名古屋の6番シアター並の超高画質だったら、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ以外に選択肢はありません(笑)。

と言うか、109シネマズ名古屋の7番シアターでやってくれたら、もっとずっとうれしいです。あそこは超高画質の上、14.7メートル×6.1メートルなので、迫力が根本的に違います。

昔、『魔法少女まどか☆マギカ』の劇場版を見た時、7番以外で見たら、損だと思ったぐらいです。

さて、TOHOシネマズ名古屋ベイシティの1番スクリーンは大きかったです。まさに巨大ナウシカでした(笑)。一般の人は、画質よりも、スクリーンサイズを重視すると思うので、こういう大きなスクリーンで一度ご覧になることをお勧めします。

これから夏休みに入り、お子さんを連れて映画館に行くことを考えている方もいらっしゃると思いますが、子どもに見せる映画としては、『風の谷のナウシカ』が最高です。ただ、ちょっとだけ難しいので、できれば、後で解説をつけてあげて、2回か3回ぐらい見ることをお勧めします。解説はこのブログに掲載した『風の谷のナウシカ』関連のレビュー記事(下記「関連ページ」に記載)や別のブログのこの記事を参考にすることをお勧めします。


このシーンの意味を考えるのも一つですね。

(2020年7月21日TOHOシネマズ名古屋ベイシティ1番スクリーンにて鑑賞)

関連ページ:
『風の谷のナウシカ』の評価と感想
『風の谷のナウシカ』の2回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の3回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の4回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の5回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』の6回目の鑑賞と画質チェック
『風の谷のナウシカ』の7回目の鑑賞
『風の谷のナウシカ』を映画館で見ました(ほしのひかり)※視聴後はこちらの記事をご覧下さい。
109シネマズ名古屋の画質がすごい(ほしのひかり)※109シネマズ名古屋の画質についてはこちらもご覧下さい。
109シネマズ名古屋の画質(ほしのひかり)※109シネマズ名古屋の画質についての考察です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする