日本語字幕版『レインツリーの国』の評価と感想/2回目鑑賞

評価: ★★★★☆

字幕版の方は、ただだったら見に行こうと思っていましたが、この日は1100円だったので、もう一度見ることにしました。ストーリーは比較的単純なので、すでに全部頭に入っていましたから、本当によい作品なら二回目も面白く見ることができるはずです。

それで二回見ましたが、二回目も面白かったです。これはやはりよくできた映画ですね。このまま、三回、四回、五回と連続して見て、面白い様なら、名作認定です。しかし、さすがにそこまでお金をかける気はないので、DVDが出たら、買って見ることにします。

今回見たのは字幕版ですが、特に普通に字幕でした。BGMが流れているところで、音符のマークが出るとか、音の説明が必要な場面で音の説明を出しているのが、多少目新しく感じられたぐらいで、特に変わったところはありません。実際、似たような字幕を何度もDVDで見ている様に思います。しかし、良かったのは、聞き取りにくい部分で何を言っているのかはっきりわかったことです。

こういう字幕は健聴者にとってもありがたいです。一回目は字幕なしの方がいいですが、二回目以降には、そう言うのを一度ぐらい見たいものです。前から、私は日本語字幕付きの邦画のDVDを見るときには、たまにそうしていますし・・・。

そういうDVDは、あまりないのが常々残念だと思っています。これから日本語の字幕の出せる邦画のDVDをもっと増やしてほしいです。DVDを買う人というのは特別な人種です。そう言う人は作品を深く理解したい人なので、邦画であっても、日本語字幕はぜひほしいのです。メーカーも、その辺を理解してほしいものです。

(2015年12月10日映画館にて鑑賞)

関連ページ:
『レインツリーの国』の評価と感想
明日から『レインツリーの国』が日本語字幕付きで上映開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする