『人魚の眠る家』の評価と感想

『人魚の眠る家』(監督:堤幸彦/脚本:篠崎絵里子/原作:東野圭吾『人魚の眠る家』/日本2018年11月16日公開)
評価: ★★★★☆

思想的側面では、見る価値の高い映画だと思いました。人生経験のある人なら共感する点が多いと思います。映画の作り自体は、平凡で、傑出したところはありません。不自然だと思うところも多々ありました。従って、★が一つ少なく、★四つとなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする