『思い、思われ、ふり、ふられ』の評価と感想

『思い、思われ、ふり、ふられ』の映画ポスター

『思い、思われ、ふり、ふられ』(監督:三木孝浩/脚本: 三木孝浩、米内山陽子/原作:咲坂伊緒作、漫画『思い、思われ、ふり、ふられ』/日本2020年8月14日公開)
評価: ★★★★☆

『アオハライド』の原作者による別の漫画である『思い、思われ、ふり、ふられ』の実写化です。監督も『アオハライド』と同じ三木孝浩です。そういえば、作風など、いろいろよく似ていますね。

4人の高校生男女の恋愛物語を軸とした青春映画です。こういう映画を見に来るのは、通常、女性ばかりですが、男性もかなりいました。これは、浜辺美波さんの人気のせいでしょう。彼女、かわいいから。

浜辺美波
浜辺美波。圧倒的な人気です。

しかし、共演の福本莉子もかわいいです。


福本莉子がかわいい

男性諸氏は、この子も見逃せないと思います。どちらも19歳で、まだ10代です。

その相手となるのは、この二人です。まず、北村匠海。

北村匠海
北村匠海。どこかで見た顔だと思ったら、『君の膵臓をたべたい』に主演で出ていました。

そして、この赤楚衛二。

赤楚衛二

4人の高校生が親の事情に振り回されます。どうやって生きていったらいいのか。その辺が見所ですね。

『思い、思われ、ふり、ふられ』の主要登場人物
『思い、思われ、ふり、ふられ』の主要登場人物。クリックで拡大します。

左から・・・

乾 和臣(いぬい かずおみ)、通称「かず」:赤楚衛二(あかそ えいじ)
山本 朱里(やまもと あかり):浜辺美波(はまべ みなみ)
市原 由奈(いちはら ゆな):福本莉子(ふくもと りこ)
山本 理央(やまもと りお):北村匠海(きたむら たくみ)

・・・です。

(2020年8月15日TOHOシネマズ名古屋ベイシティ2番スクリーンで鑑賞)

関連ページ:
『思い、思われ、ふり、ふられ』を映画館で見ました(ほしのひかり)※視聴後はこちらをご覧下さい。
『思い、思われ、ふり、ふられ』公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする