『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』(3D版)の評価と感想

評価: ★★★★☆

『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』の3D版がすごくよいと聞いたので、見に行ってみました。

結果は・・・まあ、普通ですね。あれこれ飛んだりするので、3Dに向いている作品だとは思いますが、今までたくさん3Dの作品を見てきて、その中で特に突出してすごかった訳ではありません。

私は、3D版が見られる作品は、せっかくなので、なるべく3Dで見るようにしていますが、3Dで面白い作品は、2Dでも同程度に面白いので、3Dの意義というのは、あまりないような気がします。

4DXに至っては、お金の無駄遣いのような気がしてしまいます。

感動のレベルと、2Dか3Dかは関係がないというのが私の結論です。3Dは単に娯楽性がちょっと高いだけです。それよりも、より大きなスクリーンで見る方がよほど感動するような気がします。

ついでながら、同じ作品を二度見て面白かったかどうかですが、最初の時ほど面白くはありませんでした。つまり、この作品はストーリーが分かってしまうと、面白くない作品です。そう言うわけで、この作品の場合、初めての鑑賞の前にあまりレビューを読み過ぎないようにしましょう。

関連ページ:
『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』の評価と感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする