『レインツリーの国』の評価と感想

評価: ★★★★☆

意外と良かったです。ブログの管理人にメールを送って、実際に会うということはまず起こりえません。私自身も誰とも会ったことはありません。

しかし、よほど気が合うと、そう言うこともあるらしいということは聞いたことがあります。私が知っている例では、両方とも変な人で、顔もあまりぱっとしない人ですが、この映画ではそうではないところが非現実的です(笑)。

良かったところは、関係がかなり微妙な展開をしていくところです。どうなるのかと思いつつ見ていましたが、やはり男性は押していかないとだめですね。

最後のシーンだけは絶対にあり得ません(笑)。

ちなみに、こういう映画の上映では、普通、観客は女性ばかりですが、この映画の場合、私が行った映画館では約二割が男性でした。

(2015年12月1日映画館にて鑑賞)

関連ページ:
明日から『レインツリーの国』が日本語字幕付きで上映開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする