『ランペイジ 巨獣大乱闘』の評価と感想

映画

『ランペイジ 巨獣大乱闘』(監督:ブラッド・ペイトン/原案:ライアン・イングル/脚本:ライアン・イングル、カールトン・キューズ、ライアン・J・コンダル、アダム・スティキエル/米国2018年4月13日、日本2018年5月18日公開)
評価: ★★★★☆

一口に言えば、大迫力の娯楽映画です。まあ、あまりにも音が大きいので、座席が振動していました。ちょっと耳に悪いかもしれませんね。二度見る機会があったら、音圧を測定しておこうかと思います。

迫力があるという点を除けば、かなり陳腐な内容です。感動の巨編というわけではないと言う点のみ了解の上で、おもしろいものを見たい人にはお勧めです。大きくなった動物がかなり怖いです。

(2018年5月27日109シネマズ名古屋7番シアターにてIMAX3Dにより鑑賞)