『RWBY Volume 1』の評価と感想

評価: ★★★★☆

昨日、『ガールズ&パンツァー 劇場版』を見終わった時、まだ時間があったので、ついでに見ました。どうもアメリカのアニメらしいということぐらいしか知らない状態で見たのですが、かなり面白いアニメでした。

このアニメは、アメリカのWebアニメを編集して劇場版にしたらしいです。日本語吹き替え版になります。

ストーリーは面白いのですが、絵がずいぶんちゃちです。適当に輪郭を描いて、色を塗っただけ。それをグラフィックソフトを使って動かしたようにしか見えないと思いましたが、果たしてどうもそうらしいです(笑)。絵がゆらゆら揺れるし・・・。

しかも、ストーリー上どうでも良い人物は、真っ黒です。脇役以下の登場人物は、全員、色を塗っておらず、そのためのお金がなかったのではないかと推測されます。わざとやったのかもしれませんが・・・。

ストーリーは、いろいろな要素を混ぜすぎて、混沌とした状態で、まとまりがありません。登場人物は、どんどんしゃべるので、話について行くのがちょっとしんどいです。

しかし、話の展開は飽きさせることがないので、あえて言うと、大昔の日本のアニメである『バビル2世』の前半部分にどことなく似ています。たぶん、日本でDVDやブルーレイを売るための宣伝上映なのだろうと思いますが、大変面白かったので、見ておいて良かったと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする