『96時間』の評価と感想

『96時間』(原題:Taken)(監督:ピエール・モレル/脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン/フランス2008年2月27日公開、米国2009年1月30日公開、日本2009年8月22日公開)
評価: ★★★★★

もうすでに何度も見ているので、今更という感じですが、この映画はハイピッチで進行するアクション映画です。『SALT』みたいな映画と言っていいでしょう。あまりにもハイピッチなので、「これはあり得ない」と思うこともしばしばですが、まあ、映画ですから・・・(笑)。

(2020年3月1日実家の32インチ液晶テレビでhuluの動画配信により鑑賞)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする