『テッド2』の評価と感想

評価: ★★★☆☆

今日、映画館で見てきました。見たのは字幕版です。

この作品は、おもしろいと言えばおもしろいのですが、ちょっと下品すぎます。せっかくおもしろいはずなのに、下品すぎて、自分には十分楽しめませんでした。

前述のように、私が見たのは字幕版ですが、私は、英語の方を聞いて、内容を理解していました。しかし、本当に下品です。あり得ないぐらいに下品です。さすがに米国人の間でも、その点で評判が悪いようです。

そう言うわけで、下品な笑いが好きな方にはお勧めです。大半の日本人には受けないだろうと思います。米国は、low-browの文化ですから、こういうものも受け入れ可能なのでしょうが、普通の日本人にはちょっと感情移入は無理でしょう。

そして、間違いなく、子供に見せない方がいい映画です。たぶん幼児や児童のポルノ動画より最低でも約1億倍程度有害です。もっとも、幼児や児童のポルノ動画が有害であるというのは詐欺なので、無害なものの有害性を1億倍しても、無害にしかなりません。だから、正確には、幼児や児童のポルノ動画の有害性を0とすれば、『テッド2』の有害性を1億と見るのが正しいと思います。

はっきり言って、30歳以下の青少年は見てはいけません。これは誇張ではありません。

この映画を見て、青少年がテディベアと結婚したいと思うなどと言う重大な悪影響を青少年に与えないことを祈るばかりです。特に口の悪いテディベアとの結婚は最悪です。

ちなみに、映画館でこの映画を見て笑っていたのは、たぶん、私だけでした(笑)。だから、それが一番の悪影響なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする