『TENET テネット』の2回目の鑑賞

『TENET テネット』映画ポスター

『TENET テネット』(原題:Tenet)(監督:クリストファー・ノーラン/脚本:クリストファー・ノーラン/日本2020年9月18日公開)
評価: ★★☆☆☆

難解な映画です。2回見たら、どれぐらいわかるかと思って見に行きましたが、まあ、確かにちょっとはわかる様になりました。しかし、ストーリーの半分ぐらいまで来ると、もうだめですね。これは無理です。大学受験の時に全国200位以内の国語力だった私にしてこれなので、一般人には間違いなく理解不能でしょう。

そもそも、ベースになる科学的根拠がないので、科学の知識を豊富に持っていても、理解できません。何らかの科学的な根拠があるとしても、その説明が不十分です。つまり、言っている内容だけで、起こる事件を説明できません。だから、どう理解したらいいのかわかりません。

2回見たら、評価が下がってしまいました。しかも、特に感動するわけでもありません。「真相はこうだ。」と言われても、「ああ、そうでしたか。」で終わりですね。

内容は馬鹿馬鹿しいので、風変わりなアクションが目当てでなければ、見る価値はないだろうと思います。アクションを楽しむのが主要な目的ならIMAX版での鑑賞がお勧めです。

(2020年10月2日109シネマズ名古屋の2番シアターにて鑑賞)

関連ページ:
『TENET テネット』の評価と感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする