アニメ『テラフォーマーズ』の評価と感想

『テラフォーマーズ』のブルーレイ第1巻のジャケット

アニメ『テラフォーマーズ』(監督:浜崎博嗣/脚本:ヤスカワショウゴ/原作:貴家悠作、橘賢一画、漫画『テラフォーマーズ』/日本2014年9月27日~2014年12月20日公開)
評価: ★★☆☆☆

要するに、火星の巨大ゴキブリと昆虫に変身する人間との戦いの話です。2016年に映画館で実写版を見たので、今回、アニメ版を見てみたのですが、グロい、気持ち悪い、何が起きたのかよくわからないなどで、おもしろくなかったです。

何しろゴキブリですから、グロいし、気持ち悪いです。昆虫に変身した人間も気持ち悪いです。よく考えると設定自体変ですが、それに目をつむるとしても、子ども以外、出てくる女の子が全員爆乳というのも変ですよね。

何が起きたのかわからないのは、画面を黒く塗ってしまっているからです。何を見ているのかよくわからないです。実写版では、その点だけは、まだ少しましでした。

(2020年8月13日~8月14日huluにより実家の32インチ液晶テレビで鑑賞)

関連ページ:
アニメ『テラフォーマーズ リベンジ 』の評価と感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする