『ザ・ウォーク』 の評価と感想

評価: ★★★★★

否定的な見解もあるようなので、ちょっと不安でしたが、見て正解でした。しかし、映画で出てくる言語が、半分フランス語で、半分英語なのです。これには少々閉口しました。

この映画に対する批判は、主人公に協力する人の気持ちがよくわからないなどとするものですが、見ていて特にそう言う点が気になることはありませんでした。

主人公がやろうとしている様な無茶なことをやろうとする人間の心理は理解できますし、それに協力する人の気持ちも分かります。だから、どうしてそう言う部分がわからないと主張されて、批判の対象になるのか、私としてはあまり納得がいきません。ただ単に批判する側の経験不足なのかもしれません。

(2016年1月30日映画館にてIMAX 3Dで鑑賞)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする