うそとでたらめばかりのアフィリエイトサイトやアフィリエイトブログ

使っているiPhoneがどうやら寿命を迎える可能性が高くなってきたようなので、バッテリーもへたってきたし、この際、新しいSIMフリーのiPhoneを買って、格安SIMを挿して使おうかなと思っていました。

みなさん、そう思ったらどうしますか?まあ、ほとんどの人は、インターネットを検索して、適当なサイトやブログで情報を収集し、実行に移しませんか?私もそうしました。

しかし、これが全くの失敗でした。

おかげで、まだ解約できないのに、新しいSIMフリーのiPhoneを買ってしまいました。

どういうでたらめだったかというと、解約月がいつかという話。契約した月とは限りません。

おかげで、あと1年も待つ羽目になりました。

大体、アフィリエイトをやっているブログやサイトの大半は、もうかればいいというスタンスでやっていますので、本当のことを調べて書くとは限りません。と言うか、そもそも、そんなことを調べる気など元からないものと思います。

アフィリエイトというのもいろいろあるのですが、一般にはGoogleのアドセンス以外の広告を掲載してお金をもうけている場合を言うことになっています。しかし、ここでは、広告に関連する報酬を得ることを目的として、Googleのアドセンスをも含めたあらゆる広告の掲載を行うことを指すものとお考え下さい。

こういうサイトやブログは、訪問者を集めて、広告を見せて、それをクリックさせたり、クリックの後、商品やサービスを購入させることを目的にしています。あくまでもこれはお金もうけのためにやっていることです。だから、客寄せに使っているブログやサイトの記事の中身などどうでもいいわけです。

しかも、ほとんど全部がよそのサイトやブログの中身をコピーしたり、まとめたりしただけのものです。それでもアクセスが得られるので、それでよいわけです。時間のかかるオリジナルのデータ集めや実験、検証作業などやっても、それに見合った金銭的成果が得られるわけではありませんから、普通、やるわけがありません。

元々、その辺はわかっていたのですが、やられてしまいました。(^ ^;

まあ、公害ですね。

もちろん、高い倫理観を持っている人が運営しているサイトやブログなら、問題はまず起きないでしょう。そこを見極めるには、どれだけしっかりしたプロフィールを載せているのかで判断するしかありません。

しかし、しっかりしたプロフィールを書かない人が多いので、困ったものです。プロフィールがないサイトやブログはもちろん、いい加減なプロフィールしか載せていないサイトやブログは除外すべきですね。

そういうサイトやブログを除外してみると、案外、未だにインターネットは空っぽと言えるかもしれません。

追伸:

「ここもアフィリエイトブログではないか!」と言われる人もいるかと思います。確かにそうですね(笑)。ただ、元々、私はアフィリエイターではなく、2000年頃からずっと広告なしで、サイトやブログを運営してきたので、ちょっと毛色が違う。いや、全く毛色が違うと思います。

実際のところ、広告なんて貼りたくないですよ。しかし、もはやサイト運営費が笑える金額ではなくなっているので、仕方ないのです。

そういう私と、そもそも金儲けが目的でブログやサイト運営を始めた人たちとを一緒にするのは、かなり間違っているのではないかと、個人的には思います。その辺がサイト運営、ブログ運営のスタンスの違いというわけですね。

関連ページ:
映画のレビューサイトがさくらだらけに

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク