Windows XP SP3のダウンロード

Windows XP 起動画面
画像引用元: オープンギャラリー:Windows XP環境

所有するパソコンがたくさんあることもあり、まだWindows XPを使っているのですが、SP2(Service Pack 2)では困ることが多くなりました。SP3(Service Pack 3)にアップデートしたくても、Windows Update経由ではもうSP3は配布されていません。

ちょっと調べてみると、archive.orgにあるらしいです。あのサイトはそんなものまでアーカイブしていたのかと感心しました。無用の長物ぐらいに思っていましたが、こんなに役に立つことをしているのなら寄付しないといけませんね。

もっとも、古いソフトやその更新ファイルをアップロードしているサイトはいろいろあるので、そちらを利用するのも手です。ただ、管理がきちんとしているのかどうかが不安材料ですが、今のところ、特に問題が起きたことはありません。不安があるとすると、ソフトそのものです。

しかし、本家本元のマイクロソフトが直接提供してくれれば、それに越したことはありません。ところが、マイクロソフト自体のサポートページに貼られているリンクからは、もうダウンロードできません。

スタンドアローンで使っている(インターネットにもローカルのネットにもつなげないで単体で使うこと)人も多いのにずいぶんひどい話です。お金を払ってこの仕打ちはないでしょう。

・・・と思いきや、ちゃんとありました。下記がWindows XP Service Pack 3のありかです。

Windows XP SP3

URL: http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB936929

しかし、もう少し見つけやすくしてくれてもいいのではないかと思うのですが・・・。

上記のURLからのダウンロードが一番安全だと思いますが、archive.orgからもダウンロードしてみました。上記のマイクロソフトのサイトからのダウンロードファイルのサイズは326MBでしたが、不思議なことにarchive.orgからのものは200MBでした。

これはいったいどういうことでしょうか?何が違うのか確かめたい気持ちもありますが、まあ、あえて危険を冒す必要もありませんね。

一応、可能性を挙げておきます。

1)実はファイルが違う。※マイクロソフトのファイルは何か追加されているなど。

2)圧縮されている。※さらに圧縮してもあまり変わらないと思いますが・・・。

3)ウイルスに置き換わっている。※これが怖い。しかし、ウイルスにしてはサイズが大きすぎますね。

いずれにせよ、マイクロソフトのサイトからのダウンロードファイルの使用を強くお勧めします。

追伸:
archive.orgからダウンロードする場合は、まずarchive.org(サイト名:Internet Archive Wayback Machine)に行き、検索窓に下記URLを打ち込みます。

https://download.microsoft.com/download/e/4/a/e4a9e704-eea9-452e-bef2-79f29cbe116e/WindowsXP-KB936929-SP3-x86-JPN.exe

ダウンロードのウインドウが出ますので、保存すればいいです。

archive.orgは昔からある非営利のサイトです。怪しいサイトではないので、大丈夫です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク